盲腸原発T細胞性悪性リンパ腫の1例 A CASE OF PRIMARY T-CELL MALIGNANT LYMPHOMA OF THE CECUM

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は69歳,男性.右鼠径部腫瘤にて当院受診し,鼠径ヘルニアの診断で手術を施行した.手術時腹水を認めたため悪性腫瘍を疑い,術後腹部CTを施行した.下行結腸から盲腸に腸管壁が全周性に肥厚し,その外側近傍に径10cm程の,空気を含んだ腫瘤像を認めたため消化管穿孔を伴う腫瘍が疑われた.開腹時,右傍結腸溝に弾性軟の腫瘍を認め,腫瘍内は便汁で,穿孔部は盲腸であった.盲腸から発生した腫瘍と判断し結腸右半切除術を施行した.病理組織学的には小形異型リンパ球が腸管壁全層にびまん性に浸潤し, CD3陽性, CD20およびCD79αは陰性であるため, T細胞性悪性リンパ腫と診断された.大腸原発T細胞性悪性リンパ腫症例は消化管リンパ腫の中でも稀なため文献的考察を加え報告する.

A 69-year-old man was admitted to our hospital complaining of a right inguinal swelling. Inguinal hernia repair was performed, when ascites was noted. Postoperative abdominal CT showed a retroperitoneal mass containing gas, and a barium enema revealed perforation of the cecum. Under the diagnosis of abscess around the cecum, a right hemicolectomy was performed. Histopathological examination showed small atypical lymphocytes invading the muscularis propria. Immunohistochemical examination revealed that the lymphocytes were positive for anti-CD3, indicating a malignant T-cell lymphoma (diffuse small type). To our knowledge, 19 cases of T-cell lymphoma of the colon and rectum have been reported in the English and Japanese literature.

収録刊行物

  • 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association  

    日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 67(11), 2650-2654, 2006-11-25 

    Japan Surgical Association

参考文献:  22件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018653776
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11189709
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13452843
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ