腹腔鏡下胆嚢摘出術時の胆汁漏を契機に診断された Luschka 管の1例 A CASE OF LUSCHKA DUCT THAT WAS DIAGNOSED BY BILE LEAKAGE DURING A LAPAROSCOPIC CHOLECYSTECTOMY

この論文をさがす

著者

    • 山田 美千代 YAMADA Michiyo
    • 横浜市立大学大学院医学研究科消化器病態外科 Department of Gastroenterological Surgery, Yokohama City University Graduate School of Medicine
    • 関戸 仁 SEKIDO Hitoshi
    • 横浜市立大学大学院医学研究科消化器病態外科 Department of Gastroenterological Surgery, Yokohama City University Graduate School of Medicine
    • 上田 倫夫 UEDA Michio
    • 横浜市立大学大学院医学研究科消化器病態外科 Department of Gastroenterological Surgery, Yokohama City University Graduate School of Medicine
    • 田中 邦哉 TANAKA Kuniya
    • 横浜市立大学大学院医学研究科消化器病態外科 Department of Gastroenterological Surgery, Yokohama City University Graduate School of Medicine
    • 渡會 伸治 TOGO Shinji
    • 横浜市立大学大学院医学研究科消化器病態外科 Department of Gastroenterological Surgery, Yokohama City University Graduate School of Medicine
    • 嶋田 紘 SHIMADA Hiroshi
    • 横浜市立大学大学院医学研究科消化器病態外科 Department of Gastroenterological Surgery, Yokohama City University Graduate School of Medicine

収録刊行物

  • 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association  

    日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 67(11), 2679-2682, 2006-11-25 

参考文献:  27件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018653884
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11189709
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13452843
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ