コイヘルペスウイルスKHVの環境水中における生存性 Survival of Koi Herpesvirus (KHV) in Environmental Water

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

茨城県霞ヶ浦の湖水および底泥, 神奈川県鶴見川水系6地点および函館市内3河川5地点より水を採取し, KHVの環境中における生存性を培養細胞を用いて評価した。KHVの感染価は, 無処理の試料水中および底泥中ではウイルスを添加して3日以内に検出限界以下となったが, オートクレーブ滅菌またはろ過滅菌した試料中では, 比較的安定であった。また, 環境水中から抗KHV活性を有する細菌が分離された。これらの結果から, 宿主が存在しない環境水中でKHVは比較的速やかに不活化することが示された。

The survivability of koi herpesvirus (KHV) in environmental water and sediment was evaluated using CCB cells. Samples were collected from Ibaraki prefecture, Kanagawa prefecture and Hakodate, Hokkaido. Significant reduction in the infectious titer of KHV was observed within 3 days in intact environmental water or sediment. However, KHV infectivity remained for more than 7 days in autoclaved or filtered (0.45 μm) water. In the autoclaved water containing sediment, KHV infectivity dropped below detectable limits within 7 days after inoculation. Ten of the 147 bacterial strains from rivers in Kanagawa, and two of the 62 bacterial strains from water from, Hakodate showed anti-KHV properties. The results suggest that in the absence of hosts, KHV can be rapidly inactivated in environmental water.

収録刊行物

  • 魚病研究  

    魚病研究 41(4), 153-157, 2006-12-15 

    The Japanese Society of Fish Pathology

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018654900
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00063165
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0388788X
  • NDL 記事登録ID
    8621322
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-994
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ