ヒラメ由来 Streptococcus parauberis の病原性 Pathogenicity of Streptococcus parauberis to Olive Flounder Paralichthys olivaceus

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

韓国済州島のヒラメ病魚から分離された<i>S. parauberis</i> のヒラメに対する病原性を調べた。10倍段階希釈で4.5×10<sup>1</sup>~10<sup>6</sup>CFU/尾を腹腔内に接種し, 14日間観察した。その結果, 4.5×10<sup>1</sup>CFU/尾接種区では死亡はみられなかったが, その他では10~80%が死亡した。死亡魚には自然発病魚と同じような口・目・背鰭周辺の出血, 腫大を伴った肝臓の褪色と脆弱化, 腹水の貯留が認められた。死亡魚から細菌が分離され, PCRにより<i>S. parauberis</i> と同定され, 本菌の病原性が確認された。

<i>Streptococcus parauberis</i> (stain SNUFPC-050803), isolated from diseased olive flounder <i>Paralichthys olivaceus</i> in Jeju Island, Korea, was evaluated for its pathogenicity to healthy juvenile flounder (29.3 g in average body weight). When challenged with the isolate by intraperitoneal injection with tenfold serial dilutions of 4.5 × 10-10<sup>6</sup> CFU/fish, the cumulative mortality ranged from 10% to 80% within 14 days except for 4.5 × 10 CFU/fish and control with no mortality. Disease signs were hemorrhage around the mouth, eyes and pectoral fins, pale and friable liver with hepatomegaly and ascitic fluid in the peritoneal cavity. These signs were similar to those of naturally affected fish. <i>S. parauberis</i> was reisolated and identified by PCR method, which confirmed the pathogenicity of the bacterium to olive flounder.

収録刊行物

  • 魚病研究  

    魚病研究 41(4), 171-173, 2006-12-15 

    The Japanese Society of Fish Pathology

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018654962
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00063165
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    0388788X
  • NDL 記事登録ID
    8621540
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-994
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ