森林の炭素循環における外生菌根菌の役割を研究する手法3 : アカマツ林における外生菌根菌に消費される炭素量の定量化の試み Methods to study the role of ectomycorrhizal fungi in forest carbon cycling 3 : Quantification of the amount of carbon consumed by ectomycorrhizal fungi in a Japanese red pine forest

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

生態系の炭素循環における菌類の役割の重要性が認識されているにも関わらず, 野外条件下で菌根菌に分配される炭素量の推定値は数えるほどしか報告されていない。生態系の炭素循環における菌類の役割について定量的な値を用いて議論するため, アカマツ林で外生菌根菌に分配される炭素量を概推した。直接得られなかった土壌中の外生菌根菌バイオマス, 細根 (菌根を含む) と外生菌根菌のターンオーバーの値は, 文献値を参照した。その結果, アカマツ林の外生菌根菌のバイオマスの総量はわずか10.0gm<sup>-2</sup>であると推定され, 細根のバイオマスが少ないことが大きく影響していると考えられた。この林分では菌根菌の生成と枯死サイクルによって年間に消費される炭素は117.0gCm<sup>-2</sup>year<sup>-1</sup>と推定され, 土壌からの炭素の放出の約24%に相当した。アカマツ林は細根のバイオマス, 細根中の菌類含有量, 外生菌根菌のバイオマスが共に文献値よりも非常に低いという特徴があった。森林タイプ間の外生菌根菌のバイオマスの違いに大きく影響を及ぼしているのは, 細根中の菌類含有量の差異よりも細根のバイオマスの差異であった。外生菌根菌のバイオマスが小さい森林においても, 菌根菌の生成・枯死サイクルによって消費される炭素量は無視できないことが改めて確認された。

We estimated the role of mycorrhizal fungi quantitatively in a Japanese red pine (<i>Pinus densiflora</i>) forest. We directly estimated several parameters to calculate the amount of carbon consumed by mycorrhizal fungi, such as the biomass of fungi in ectomycorrhizal fine roots and fine root biomass, and drew other parameters from the literature. Our study site, a Japanese red pine forest, was characterized by a very small ectomycorrhizal fine root biomass (only 91.0gm<sup>-2</sup>) and small fungal content in ectomycorrhizal fine roots (2.2%) compared with the literature data. The ectomycorrhizal fine root biomass has a greater influence than the fungal content of ectomycorrhizal fine roots on the difference in fungal biomass in ectomycorrhizal fine roots among forests. The total biomass of ectomycorrhizal fungi in ectomycorrhizal fine roots and in soil was estimated to be only 10.0gm<sup>-2</sup>. However, the total amount of carbon consumed by the production-death decomposition cycle of ectomycorrhizal fungi was estimated to be 117.0g C m<sup>-2</sup> year<sup>-1</sup>, which corresponds to about 24% of carbon release from soil as soil respiration. Our estimation reconfirmed the importance of ectomycorrhizal fungi in forest carbon cycling. The carbon consumed by ectomycorrhizal fungi is not negligible, even in a stand having a very small biomass of ectomycorrhizal fungi.

収録刊行物

  • 根の研究 = Root research  

    根の研究 = Root research 15(4), 155-159, 2006-12-29 

    Japanese Society for Root Research

参考文献:  23件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018655035
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11272904
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09192182
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ