果実全面の画像検査を可能としたロータリトレイを有するナス選果システム Eggplant Grading System Including Rotary Tray Assisted Machine Vision Whole Fruit Inspection

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

選果システムにおいては, 果実の全面計測が強く要望されている。本研究では, ナスのような長形の果実に対して, その反転前後にカラーおよび白黒カメラで検査可能となる新タイプのロータリトレイを開発した。本報では, 特にその反転機構について詳しく説明する。各ラインは348のロータリトレイから成り, 38.1m/minで移動する。全部で6ラインから構成されることより, 本システムは約50万個の果実 (約40t) を1日に処理可能である。しかし, 実際には果実を供給する作業者の速度より, 85%の能力が発揮されるにとどまった。本システム中で, 自動化の余地がある作業は果実供給と箱詰めであるが, 今後の労働力削減およびトレーサビリテイ情報付加を考慮した場合, 箱詰め作業の自動化が特に期待された。

Because the capability of inspecting all sides of each fruit has become a highly desirable feature of a grading system, a new type of rotary tray was developed, as a part of a grading line, to flip a fruit over during quality inspection by color and monochrome machine vision systems. Each grading line consisted of 348 rotary trays and ran at a speed of 38.1m/min. Since this grading machine had 6 lines, it was capable of sorting a total of 504, 000 fruits per day. However, the processing rate of this grading system has reached only 85% of the expected level, because of the operator's fruit unpacking rate. The automated packing and unpacking systems were considered to provide the grading system a fruit tracing capability in addition to labor saving.

収録刊行物

  • 農業機械學會誌  

    農業機械學會誌 69(1), 68-77, 2007-01-01 

    The Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018656794
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00200470
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852543
  • NDL 記事登録ID
    8641690
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-387
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ