バイオガスとディーゼル機関への適用に関する研究動向に関するレビュー Literature Review of Recent Research on Biogas and its Usage in Diesel Engines

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 野口 伸 NOGUCHI Noboru
    • 北海道大学大学院農学研究科 Bioproduction Engineering Division, Graduate School of Agriculture, Hokkaido University

抄録

農産物残渣物から得られるバイオガスを, 脱硫・高濃度化し農用車両の燃料へ適用することは, これまでの電気熱源利用同様, 有益な技術である。<br>適用に当たって, 農用車両に用いられるディーゼル機関の点火機構は, 排ガス性能へ直接影響することから, 十分に文献調査した。天然ガスやバイオガスなどのメタンを軽油とともにディーゼル機関の燃料とする二燃料運転では, NO<sub>x</sub>と黒煙を減少させるが, 高負荷ノックを起こし, 低負荷では失火を起こすことが明らかにされている。これら問題の解決方法は世界中で研究されており, 一部実用化に至っているものもあるが, 未だ様々な試みが行われている。

Farm based waste digestion plants return higher profit if the emanating methane (CH<sub>4</sub>) rich biogas is purified and used in agricultural vehicles, as it is used to generate heat and electricity. For this reason, ignition process of diesel engines, the prime movers in farms, was thoroughly reviewed because it directly influences the resulting toxic emissions. Methane, coming from natural gas or biogas, when fed into these engines along with diesel, was found to reduce nitrogen oxides and particulate matter but increased knocking at high loads and misfire at light loads. Several solutions have been studied all over the world and some reached the market stage; however many challenges still face the advance of this technology.

収録刊行物

  • 農業機械學會誌  

    農業機械學會誌 69(1), 89-98, 2007-01-01 

    The Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers

参考文献:  69件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018656830
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00200470
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    02852543
  • NDL 記事登録ID
    8641788
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-387
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ