高分子説(1930年頃 : シュタウディンガー) : ケクレ原理から生れた巨大分子 Predominance of "Macromolecular Theory" in the Year of 1930 (Staudinger) "Macromolecules" Originating from the Kekule Principle

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 高分子  

    高分子 56(1), 6-8, 2007-01-01 

    The Society of Polymer Science, Japan

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018660167
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00084926
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04541138
  • NDL 記事登録ID
    8646651
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-90
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ