研磨能力を向上させるラップ定盤修正用砥石の開発 Development of conditioning soft stone to improve performance of lapping disc

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ラッピング加工は,仕上げ面の精度や品質が極めて高く,精密加工の最終仕上げ法として多用されている.しかし,研削に比べ単位時間あたりの加工量が小さいため,電子部品用基板や高精度機械部品の量産分野では,ラッピングの加工量向上に関する要望が強い.本研究では,模擬ラッピング装置を使用し,ラッピング加工中の遊離砥粒の挙動を可視化し,加工にあずかる砥粒量を増加させる方法を見出している.定盤上の砥粒保持用小穴(ピット)の上端部のバリを除去することによって,加工に関与する砥粒量を増やすことができると予測し,これを検証している.得られた結果を実用に供するため,細粒の砥粒と軟質の結合材を用いたラップ定盤能力向上用修正砥石(Conditioner)を開発している.当該砥石を用いて修正した定盤を使用し研磨加工試験を実施した結果,ラップ定盤上のピットのバリが除去されるとともに,加工物には必要な表面粗さや歩留まりを維持したまま,4割程度の定盤寿命の増加を実現している.Conditionerは従来のラッピング工程中においても簡単に使用できるため,ラッピング加工の生産性向上に寄与できる.

As lapping machinability is less than that of grinding, mass production requires it to be increased. We predicted that the quantity of abrasive grains related to processing can be increased by removing burrs at the edge of the upper part of the grain pit on the lapping disk. We have developed Conditioning Soft Stone (Conditioner) using fine abrasive grains and soft adhesive. Grinding tests using the improved disk ground with the conditioner showed that the burrs can be removed, the machinability can be increased, and the life of the disk can be increased by 40%. The conditioner may also be useful for traditional lapping machines.

収録刊行物

  • 砥粒加工学会誌 = Journal of the Japan Society of Grinding Engineers  

    砥粒加工学会誌 = Journal of the Japan Society of Grinding Engineers 51(1), 35-40, 2007-01-01 

    The Japan Society for Abrasive Technology

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018660852
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10192823
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09142703
  • NDL 記事登録ID
    8643353
  • NDL 雑誌分類
    ZN11(科学技術--機械工学・工業)
  • NDL 請求記号
    Z16-1147
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ