金型深彫り加工用小径ボールエンドミルの開発 : 第3報 : 工具母材とコーティング薄膜が工具たわみ量に与える影響 Development of small radius ball end mill for deep precision machining : 3rd report : Influence of tool material and coating film on its deflection

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

金型は,旋削加工,穴あけ加工,フライス加工などの切削加工の他に研削加工,研磨加工,放電加工などを加えた加工技術の集約によって加工されている.これまで,複雑な精密金型の加工,とくに金型の深彫り加工に対しては,エンドミルによる切削加工では必然的に発生する工具のたおれや切削時のびびり振動により加工が困難なために放電加工に頼るところが大きかった.しかし,放電加工は,加工能率の低さや加工変質層の生成などの問題点が指摘されており,近年ではエンドミルによる切削加工が一般化されてきている.本研究では,小径ボールエンドミルの金型の深彫り加工への適用における切削加工特性,すなわち小径ボールエンドミルの回転挙動,切削抵抗,実質切込み率および加工精度について体系的に追求,検討し,深彫り加工用小径ボールエンドミルの最適設計に対する指針を得ることを目的としている.本報では,工具寿命に及ぼす工具摩耗の影響を検討するとともに,工具母材の材質,およびコーティング薄膜の材質が工具たわみ量に及ぼす影響を実験的に検討し,工具設計の最適化への指針を得た.

Machining of complex shapes and deep micro-cavities in dies and molds is mostly carried out by the electrical discharge machining process. However, it may not be possible to sufficiently minimize delivery deadlines and reduce the cost of dies and molds. Therefore, precision machining methods using a small-radius ball end mill capable of machining deep cavities in miniature dies and molds is proposed as a substitute for electrical discharge machining. The results of experiments confirmed that long tool life of the ball end mill can be maintained by changing the coating film material and the edge shape of the small-radius ball end mill, and it is possible to obtain the required surface finish in the work pieces.

収録刊行物

  • 砥粒加工学会誌 = Journal of the Japan Society of Grinding Engineers  

    砥粒加工学会誌 = Journal of the Japan Society of Grinding Engineers 51(1), 52-57, 2007-01-01 

    The Japan Society for Abrasive Technology

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018660870
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10192823
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09142703
  • NDL 記事登録ID
    8643402
  • NDL 雑誌分類
    ZN11(科学技術--機械工学・工業)
  • NDL 請求記号
    Z16-1147
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ