尾瀬ヶ原のアカシボ現象に関する研究 : 赤雪の垂直分布と藻類との関わり Research on red snow 'Akashibo' in the Ozegahara mire : Relationships between the vertical distribution of red snow and alga

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 尾瀬ヶ原では例年5月~6月の融雪時期にアカシボと呼ばれる彩雪現象がみられる。この着色の原因は, 雪中の赤褐色粒子に起因し, 融雪時期に積雪下の湿原表面から雪原表層にむけての水の動きに従い着色が進み, 融雪の後期には雪原表面全体に赤褐色化が拡大する。赤褐色粒子は緑藻類, Phacotaceae科<i>Hemitoma</i> sp. の休眠胞子で, 被殻には多量の酸化鉄が存在した。この赤褐色粒子数は雪の中の全鉄量と高い相関関係があった。尾瀬ヶ原のアカシボ現象は<i>Hemitoma</i> 属の休眠胞子に由来すると推測した。

The red snow phenomenon called 'Akashibo' is usually observed from May to June during the melting snow season in Ozegahara, Japan. The red snow takes its color from the reddish-brown particle about 10 μm in diameter that were found to be the round resting spores of snow alga, Phacotaceae <i>Hemitoma</i> sp. They were covered by spiky lorice with Fe compounds as their major components. These results suggest that the red snow phenomenon is mainly caused by the spores of <i>Hemitoma</i> sp. The vertical distribution of spores in snow suggests that water movement from the marshland surface towards the snow surface causes on accumulation of spores in the snow, and thereby giving rise to the red snow phenomenon.

収録刊行物

  • 陸水學雜誌 = JAPANESE JOURNAL OF LIMNOLOGY  

    陸水學雜誌 = JAPANESE JOURNAL OF LIMNOLOGY 67(3), 209-217, 2006-12-01 

    The Japanese Society of Limnology

参考文献:  32件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018665084
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0024866X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    00215104
  • NDL 記事登録ID
    8644033
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山)
  • NDL 請求記号
    Z15-149
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ