集水域研究におけるシミュレーションモデルへの期待 Prospects for simulation models in watershed studies

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 集水域環境を研究する上で, 陸上生態系と陸水生態系の間での物質循環を通した密接なつながりを無視することはできない。物質循環・水循環のシミュレーションモデルは, 森林・水資源の持続的利用や森林集水域系の適応的管理をはかるためだけではなく, 森林集水域における物質循環・水循環の科学研究にとっても有効な手段である。われわれは, 2005年9月に開催された日本陸水学会第70回大会 (大阪教育大学, 柏原市) の課題講演「集水域の生物地球化学 : 物質循環・水文過程に基づく集水域環境のシミュレーションモデル」において, シミュレーションモデルの有効性と限界について議論した。そこでは, 森林, 河川, 湖沼生態系の生物地球化学的, 水文学的モデルが紹介された。異なる気候・環境条件の場所に適用するには注意が必要であるが, シミュレーションモデルが集水域における環境変化を理解し, また予測するための有効で強力な手段であるという認識を得ることができた。各講演のタイトルは, 1. 「森林生態系の生物地球化学モデル : PnETモデルの適用と課題」, 2. 「シミュレーションモデルを用いた森林攪乱の長期影響評価」, 3. 「森林生態系からの溶存物質の流出をモデル化するために考慮しなければならない事柄」, 4. 「河川シミュレーションモデルの現状と課題」, 5. 「湖水の流動モデルと生物地球化学的物質循環モデル」であった。ここでは, これら5講演を総説としてまとめた。総説の内容は, 講演発表に基づいているが, 内容としてより詳しく, 充実したものになっている。

Any one who studies the watershed environments cannot ignore the strong link between terrestrial and freshwater ecosystems through material cycling. Simulation models of material and water cycling are useful tools not only for planning and practicing sustainable uses of forest and water resources and the adaptive management of forested watershed environments, but also for scientific researches. At the 70th annual meeting of the Japanese Society of Limnology (Kashihara, Osaka, September 2005), we discussed the validity and limitations of watershed simulation models in the section "Watershed biogeochemistry: Simulation models for the watershed environment based on material cycling and hydrologic processes". Biogeochemical and hydrologic models for forest, river and lake environments were introduced in the section. During the discussion, it was recognized that simulation models were valid and powerful for understanding and predicting environmental changes in the watershed. However, their applicability should be carefully checked when they are used for regions under different climatic and environmental conditions. We also recognized that the introduction of the general characteristics of each model would be helpful understand the significance of the simulation model in the limnological sciences. Titles of presentations were as follows: 1. Biogeochemical model in forest ecosystem; Application and problem of PnET model, 2. The influence of forest disturbance and examination of applying the PnET model for the long term influences, 3. Necessity for consideration on hydrological controls of biogeochemical cycling to develop a catchment scale ecosystem model, 4. Quantitative approach and problems of river hydrological simulation models, and 5. Biogeochemical model coupled with hydrodynamic model in lake environment. In this special issue, these five reviews are featured. Although each review is based on the presentation at the annual meeting, the content has been expanded and detailed.

収録刊行物

  • 陸水學雜誌 = JAPANESE JOURNAL OF LIMNOLOGY  

    陸水學雜誌 = JAPANESE JOURNAL OF LIMNOLOGY 67(3), 231-234, 2006-12-01 

    The Japanese Society of Limnology

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018665160
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0024866X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • ISSN
    00215104
  • NDL 記事登録ID
    8644109
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山)
  • NDL 請求記号
    Z15-149
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ