完全層状組織TiAl合金におけるα_2/γ界面への界面転位の導入と格子ミスフィット変化に及ぼすNbおよびZr添加の影響 Effects of Nb and Zr Addition on Introduction of Misfit Dislocations onto α_2/γ Lamellar Boundaries and Change of Lattice Misfit in Fully Lamellar TiAl Alloy

この論文をさがす

著者

    • 鳥山 康成 TORIYAMA Yasunari
    • 東北大学大学院環境科学研究科 Department of Environmental Studies, Graduate School of Environmental Studies, Tohoku University
    • 吉見 享祐 YOSHIMI Kyosuke
    • 東北大学大学院環境科学研究科 Department of Environmental Studies, Graduate School of Environmental Studies, Tohoku University
    • 丸山 公一 MARUYAMA Kouichi
    • 東北大学大学院環境科学研究科 Department of Environmental Studies, Graduate School of Environmental Studies, Tohoku University

収録刊行物

  • 日本金屬學會誌 = Journal of the Japan Institute of Metals  

    日本金屬學會誌 = Journal of the Japan Institute of Metals 71(1), 96-102, 2007-01-01 

    日本金属学会

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018665755
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00062446
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00214876
  • NDL 記事登録ID
    8645720
  • NDL 雑誌分類
    ZP41(科学技術--金属工学・鉱山工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-314
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ