日本臨床麻酔学会25周年にあたって

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

  「臨床麻酔に携わる麻酔科医にただちに役立つような演題のみを集めた学会, 臨床の麻酔に直結する勉強につながる学会」 を目指して1980年7月25日, 日本臨床麻酔学会は創立され, 翌年11月1, 2, 3日に小坂二度見岡山大学教授を会長として第1回学術集会が開催された. 既存の日本麻酔 (科) 学会に対抗する学会と見られ, 懸念を抱いての発足であった. 創立の発起人として小坂, 青地, 武下, 藤森, 村上, 渡部, 後藤の各教授 (当時) が名を連ねている. 爾来25年, 先人の努力により日本臨床麻酔学会は順調に発展し, 会員4,400人を擁する大学会となり, 日本の麻酔科医にとっては春の日本麻酔科学会, 秋の臨床麻酔学会として定着している. 日本臨床麻酔学会は第一期の草創成長期, 第二期の安定期から, 今第三期に入り, 新しい発展に向け, 方向性を定める時期に来ている. 幸い日本臨床麻酔学会は日本麻酔科学会とは異なり, 日本の麻酔科医の利益を代表して行政と向かい合い医療政策・経済等の政治活動を行う必要性は少なく, 純粋に学問としての麻酔学の進歩と普及に専心できる. 日本臨床麻酔学会はこの利点を生かし, 麻酔学の学術的研究のみならず, 臨床麻酔の質の向上および次代の日本の麻酔医療を背負う, 広い視野をもった麻酔科医育成に力を尽くすべきである.

収録刊行物

  • 日本臨床麻酔学会誌 = The Journal of Japan Society for Clinical Anesthesia

    日本臨床麻酔学会誌 = The Journal of Japan Society for Clinical Anesthesia 27(1), 80-91, 2007-01-15

    THE JAPAN SOCIETY FOR CLINICAL ANESTHESIA

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018670507
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00330159
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    02854945
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ