実験的外傷性咬合が若年ラットおよび老齢ラットの顎関節と歯周組織に及ぼす変化 Effect of Experimental Traumatic Occlusion on the Temporomandibular Joint and Periodontium in Young and Old Rats

この論文をさがす

著者

    • 山田 紫陽子 YAMADA Shiyoko
    • 北海道大学大学院歯学研究科口腔病態学講座口腔病理病態学教室 Department of Oral Pathobiological Science, Hokkaido University Graduate School of Dental Medicine
    • 飯塚 正 IIZUKA Tadashi
    • 北海道大学大学院歯学研究科口腔病態学講座口腔病理病態学教室 Department of Oral Pathobiological Science, Hokkaido University Graduate School of Dental Medicine
    • 向後 隆男 KOHGO Takao
    • 北海道大学大学院歯学研究科口腔病態学講座口腔病理病態学教室 Department of Oral Pathobiological Science, Hokkaido University Graduate School of Dental Medicine
    • 進藤 正信 SHINDOH Masanobu
    • 北海道大学大学院歯学研究科口腔病態学講座口腔病理病態学教室 Department of Oral Pathobiological Science, Hokkaido University Graduate School of Dental Medicine

収録刊行物

  • 北海道歯学雑誌  

    北海道歯学雑誌 27(2), 112-129, 2006-12-15 

参考文献:  42件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018675987
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00229778
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09147063
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ