膵疾患のMDCT診断 MDCT of pancreatic disorders

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 入江 裕之 IRIE Hiroyuki
    • 九州大学大学院医学研究院臨床放射線科学分野 Department of Clinical Radiology, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University
    • 吉満 研吾 YOSHIMITSU Kengo
    • 九州大学大学院医学研究院臨床放射線科学分野 Department of Clinical Radiology, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University
    • 石神 康生 ISHIGAMI Kousei
    • 九州大学大学院医学研究院臨床放射線科学分野 Department of Clinical Radiology, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University
    • 田嶋 強 TAJIMA Tsuyoshi
    • 九州大学大学院医学研究院臨床放射線科学分野 Department of Clinical Radiology, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University
    • 浅山 良樹 ASAYAMA Yoshiki
    • 九州大学大学院医学研究院臨床放射線科学分野 Department of Clinical Radiology, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University
    • 平川 雅和 HIRAKAWA Masakazu
    • 九州大学大学院医学研究院臨床放射線科学分野 Department of Clinical Radiology, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University
    • 牛島 泰宏 USHIJIMA Yasuhiro
    • 九州大学大学院医学研究院臨床放射線科学分野 Department of Clinical Radiology, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University
    • 本田 浩 HONDA Hiroshi
    • 九州大学大学院医学研究院臨床放射線科学分野 Department of Clinical Radiology, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University

抄録

膵疾患のMDCT診断を行うための必要な知識として,MDCTの特長,膵のダイナミックCT, 3次元画像の臨床的有用性について解説した.MDCTの特長は高時間分解能と高空間分解能にあり,それらを利用して得られるボリュームデータは臨床に役立つ3次元画像を提供する.膵のダイナミックCTは膵実質相,門脈相,遅延相の3相撮像が基本であり,適切な撮像開始時間を設定するためには造影剤の血行動態を理解しておくことが重要である.CTAは膵疾患の術前血管造影を不要にし,MPRは膵疾患の診断能を向上させた.さらに主膵管の全長を1画像で表示できるCPRは膵疾患のMDCT診断にはなくてはならない画像となっている.<br>

収録刊行物

  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology  

    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 103(12), 1333-1338, 2006-12-05 

    The Japanese Society of Gastroenterology

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018687037
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192124
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04466586
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ