医師から見た管理栄養士の専門性 Professionalism of resistered dietitians for team medicine

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

管理栄養士の受けた臨床栄養に関する教育内容は、医師教育のそれをはるかに凌駕する内容である。その教育を生かす場は、従来、給食の献立・衛生管理(厨房)、病態栄養指導(主に外来)が主たるものであったが、NSTの活動の広まりにより臨床栄養管理(病棟)、そして在宅栄養管理(在宅)へと広がってきた。管理栄養士は、その教育内容に裏づけされた栄養管理のプロとして医師・看護師とは違った視点から、チーム医療において欠くべからざる位置を占めてきている。

収録刊行物

  • 静脈経腸栄養  

    静脈経腸栄養 21(4), 3-7, 2006-12-25 

    Japanese Society for Parenteral and Enteral Nutrition

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018689071
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11574426
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13444980
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ