NST運用にあたっての管理栄養士の役割と他職種と異なる専門性について : 実際の消化器術後の事例を交えて A special role of dietitian on NST activity : A case study of postoperative nutritional support after pylorus preserving pancreaticoduodenectomy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

当院では、2003年1月より全科型のNSTが活動している。そのシステムの運用において、管理栄養士は、スクリーニングシートの判定とそれに基づいた栄養管理計画の立案を行う一方で、カンファレンスで使用する「ラウンド名簿」を作成し、活動が円滑に行えるようコーディネートする役割も担っている。また、個々の症例で見ると、経口摂取栄養量の算出や、経腸栄養剤や保健機能食品などに対しての適切な使用法の指導を行っており、これらは管理栄養士の専門性においての役割と考えている。

収録刊行物

  • 静脈経腸栄養  

    静脈経腸栄養 21(4), 17-22, 2006-12-25 

    Japanese Society for Parenteral and Enteral Nutrition

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018689082
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11574426
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13444980
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ