高齢者医療における管理栄養士の役割 Role of registered dietitians in in-hospital management in elderly patients

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

高齢者医療においては、栄養状態の改善・水分管理が治療効果を高める点で重要な位置を占める。施設からの入院患者が約3割を占める当院は、短期に病状を改善させることに力を注いで来た。施設で健やかに過ごしていただくために、この中で管理栄養士は、問診・身体状況・検査データや病態などから栄養状態を評価し、必要エネルギー量や各栄養素・水分量を考えるだけでなく、限りない個人対応をして、食べる喜びという点でも満足していただけるよう形としては見えないサービスを心がけている。さらに、最近では、施設入所者の高齢化が進み、咀嚼困難・嚥下困難からの栄養状態悪化、褥瘡をともなっての再入院も増えており、施設への増悪化防止につながる栄養情報提供の必要性を痛感している。そのようなことから、管理栄養士として施設との連携・情報提供も行い始めたところである。今回は、そのような中での1症例を報告する。

収録刊行物

  • 静脈経腸栄養  

    静脈経腸栄養 21(4), 23-27, 2006-12-25 

    Japanese Society for Parenteral and Enteral Nutrition

参考文献:  2件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018689088
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11574426
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13444980
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ