透析医療における他職種と異なる専門性について : 実際の事例を交えて The specialty of dietitians different from other medical professions in dialysis therapy : with a case report

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

透析医療には、医師、看護師、臨床工学技士、薬剤師、管理栄養士、医療ソーシャルワーカー、臨床検査技師などの多くの職種が関わっている。医療チームとして、それぞれの職種のメンバーが、ある程度の役割分担とお互いの業務内容を明確にし、相互理解を深めて、医療情報の共有化を実現することが大切である。透析医療における管理栄養士の専門性は、対象者の栄養状態・生活環境・心理状態などを適切に評価し、個々の価値観に合致した栄養ケアを実践することである。さらに、透析医療スタッフの栄養教育、地域医療機関との連携も管理栄養士の専門性発揮の場である。また、サプリメントや長期合併症の栄養療法、高齢化に伴う摂食・嚥下障害の問題など、透析医療分野において、管理栄養士が取り組むべき課題は多い。

収録刊行物

  • 静脈経腸栄養  

    静脈経腸栄養 21(4), 29-34, 2006-12-25 

    Japanese Society for Parenteral and Enteral Nutrition

参考文献:  2件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018689091
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11574426
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13444980
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ