因果ダイアグラムにおける矢線への介入効果の定式化とその応用 Formulation of Intervention to Arrows in Causal Diagram and Its Applications

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

変数間の因果関係が因果ダイアグラムと構造方程式モデルで表現される状況で,ダイアグラムの矢線へ介入する行為を考え,その効果を定式化する.この定式化は条件付き介入の枠組みにおいて記述される.矢線への介入効果に対する識別可能条件についても考察した。線形構造方程式モデルのもとで,興味ある特性変数の分散が,これへの有向道上の矢線を介入することで,どのように変化するかを具体的に求めた.矢線への介入は,直接介入しにくい変数である中間特性を制御するうえで有用である.適用例を通して,これらの定式化の有用性を主張した.

Suppose that causal relationships among variables can be described by a causal diagram and the corresponding linear structural equation models. Intervention not to variables but to arrows will be considered, and the intervention effect can be formulated through the conditional intervention proposed by Pearl and Robins(1995). The identifiability criterion for the intervention to arrows is also investigated.The intervention effect on the variance of a response variable can be evaluated under the linear structural equation model.The intervention to arrows method may be useful to reduce variances of intermediate variables or covariates that cannot be controlled directly by an external action. A numerical example illustrates how to utilize the intervention to arrows method to reduce the variability of aresponse variable of interest.

収録刊行物

  • 応用統計学  

    応用統計学 35(2), 79-91, 2006-12-30 

    Japanese Society of Applied Statistics

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018690150
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00330942
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02850370
  • NDL 記事登録ID
    8646213
  • NDL 雑誌分類
    ZM31(科学技術--数学)
  • NDL 請求記号
    Z15-401
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ