ベプリジルのNa^+チャネルとCa^<2+>チャネルに対する作用 Actions of bepridil on the Na^+ channel and the Ca^<2+> channels

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ベプリジルは多様な薬理作用を有する抗不整脈薬である.そのなかでもK<SUP>+</SUP>チャネル遮断作用によって心筋細胞の活動電位持続時間を延長することで不応期を延ばす働きが抗不整脈作用の中心となる, さらに, ベプリジルは内向き電流を抑制してNa<SUP>+</SUP>チャネル依存性の伝導とCa<SUP>2+</SUP>チャネル依存性の伝導, および細胞内Ca<SUP>2+</SUP>の過負荷を減らすことで不整脈の受攻性因子を調節する, ベプリジルはNa<SUP>+</SUP>チヤネルに対し, 比較的強い膜電位依存性の静止時遮断作用と膜電位依存性の弱い使用依存性遮断作用を有する (IC<SUB>50</SUB>: 30-40μM) .一方, ベプリジルはL型Ca<SUP>2+</SUP>チャネル (IC<SUB>50</SUB>: 0.5-2.0μM) とT型Ca<SUP>2+</SUP>チャネル (IC<SUB>50</SUB>: 0.4-10.0μM) に対してほぼ同等にかつ膜電位依存性にこれを抑制する.ここではそのNa<SUP>+</SUP>チャネル遮断作用と強力なCa<SUP>2+</SUP>チヤネル遮断作用によって, いかにベプリジルが抗不整脈作用を発揮するかを概説する.

収録刊行物

  • 心電図 = Electrocardiology  

    心電図 = Electrocardiology 27(1), 10-20, 2007-01-25 

    The Japanese Society of Electrocardiology

参考文献:  32件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018691544
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00358282
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02851660
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ