心房細動に対する効果 Effects of bepridil on atrial fibrillation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

心房細動は薬剤抵抗性となることが多い.その背景には心房の電気的, 機械的, 構造的リモデリングが関与する.抗不整脈薬のなかでもマルチチャネル遮断薬のアミオダロンとべプリジルがこの電気的リモデリングを抑制する.ベプリジルの作用部位はアミオダロンと同じくNa<SUP>+</SUP>, Ca<SUP>2+</SUP>, 複数のK<SUP>+</SUP>チャネルに加え, ミトコンドリアK<SUB>ATP</SUB>チャネルと多岐にわたる.これらの総合的な作用が, ベプリジルの持続性心房細動に対する特異な停止効果に結びついているのであろう.実際, 心房細動停止までに平均1カ月を要し, その間徐々に心房細動周期長が延長し, 細動波が組織化する.さらに洞調律復帰早期より心房収縮能が回復する点も, リモデリングからの回復を示唆する.持続性心房細動において労作時の動悸や息切れがコントロールできない例には, ベプリジルによる洞調律化を一度は試みてよいと考える.

収録刊行物

  • 心電図 = Electrocardiology  

    心電図 = Electrocardiology 27(1), 36-44, 2007-01-25 

    The Japanese Society of Electrocardiology

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018691602
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00358282
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02851660
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ