ICH-E14に基づいた心毒性治験のためのQT計測システム A new QT measurement system based on ICH-E14 guideline for evaluation of potential cardiac toxicity of drugs

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近年, 薬剤誘発性QT延長症候群による突然死が社会的問題となっている.すべての新薬の安全性を確保するために, 開発段階で心電図QT間隔を計測する国際的なガイドライン (ICH-E14) が提案されている.われわれはICH-E14に基づいた新しいQT計測システムを開発した.このシステムは, はじめにコンピュータ上で2名の臨床検査技師がQT間隔を判読した後, 医師が適切な数値を決定する.このシステムを用いて, 健康な男性50名の心電図データを解析し, その有用性を検証した.最終判読者である医師2名のばらつきは0.34msで, 同一判読者のばらつきは-0.25msと-0.29msであった.次に, 塩酸モキシフロキサシン400mgまたはスパルフロキサシン200mgを内服した健常人男性のQTcを計測したところ, それぞれ8.3±14.5ms, 13.0±15.0msと有意なQT延長を示したため, 本システムが薬剤によるQT延長評価に有用であると考える.

収録刊行物

  • 心電図 = Electrocardiology  

    心電図 = Electrocardiology 27(1), 83-92, 2007-01-25 

    The Japanese Society of Electrocardiology

参考文献:  27件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018691712
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00358282
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02851660
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ