フローレンを含む新規ケイ素系高分子の合成と性質 Synthesis and Properties of Novel Silicon Polymer Containing Fluorene

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 大森 武 OHMORI Takeshi
    • 関東学院大学工学部物質生命科学科 Department of Applied Material and Life Science, College of Engineering, Kanto Gakuin University
    • 香西 博明 KOUZAI Hiroaki
    • 関東学院大学工学部物質生命科学科 Department of Applied Material and Life Science, College of Engineering, Kanto Gakuin University

抄録

新規耐熱性材料として, フルオレンを含有するケイ素系ポリマーを合成した。また, 得られたポリマーに対し紫外光照射を行い, 熱的性質の変化を検討した。ポリマーの数平均分子量 (<I>M</I><SUB>n</SUB>) は2.6×10<SUP>4</SUP>~4.6×10<SUP>4</SUP>であり, トルエンやクロロホルムなどの有機溶媒に可溶であった。紫外-可視吸収スペクトルから, ポリマーに紫外光を照射することで二重結合に由来する吸収の減少が確認できた。紫外光照射の前後で10%の熱重量損失開始温度を測定した結果, 紫外光を照射したポリマーは耐熱性が100℃以上増加していた。

収録刊行物

  • 色材協會誌  

    色材協會誌 80(1), 13-15, 2007-01-20 

    一般社団法人 色材協会

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018695825
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00354634
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0010180X
  • NDL 記事登録ID
    8653053
  • NDL 雑誌分類
    ZP23(科学技術--化学・化学工業--染料・顔料・塗料)
  • NDL 請求記号
    Z17-211
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ