不純物を制御したFe-18Cr-14Ni合金の過不働態腐食に及ぼす加工および熱処理の影響 Effect of Cold Work and Heat Treatment on Transpassive Corrosion of Fe-18Cr-14Ni Alloys Containing Controlled Level of Impurities

この論文をさがす

著者

    • 黛 正己 MAYUZUMI Masami
    • 財団法人 電力中央研究所 材料科学研究所 Materials Science Research Laboratory, Central Research Institute of Electric Power Industry
    • 加古 謙司 KAKO Kenji
    • 財団法人 電力中央研究所 材料科学研究所 Materials Science Research Laboratory, Central Research Institute of Electric Power Industry
    • 太田 丈児 OHTA Johji
    • 財団法人 電力中央研究所 材料科学研究所 Materials Science Research Laboratory, Central Research Institute of Electric Power Industry

収録刊行物

  • 材料と環境 : zairyo-to-kankyo  

    材料と環境 : zairyo-to-kankyo 56(1), 16-21, 2007-01-15 

    腐食防食協会

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018705883
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10235427
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170480
  • NDL 記事登録ID
    8650062
  • NDL 雑誌分類
    ZP41(科学技術--金属工学・鉱山工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-266
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ