火星居住のための昆虫を考慮した宇宙食の構想 Space Diet for Habitation on Mars with Entomophagy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

Concept of space agriculture is developed for habitation on Mars. Space diet is designed and evaluated with nutritional point of view. Combination of rice, soybean, sweet potato, green-yellow vegetable (represented by Komatsuna), silkworm pupa, and loach was found to fill the nutritional requirements.

収録刊行物

  • 宇宙生物科学 = Biological sciences in space  

    宇宙生物科学 = Biological sciences in space 20(2), 48-56, 2006-11-01 

    Japanese Society for Biological Sciences in Space

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018709380
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10164806
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09149201
  • NDL 記事登録ID
    8653549
  • NDL 雑誌分類
    ZR1(科学技術--生物学) // ZM33(科学技術--宇宙科学)
  • NDL 請求記号
    Z18-2504
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ