競争吸着法によるイカ肝臓からのカドミウムの除去 Removal of Cadmium from Squid Liver by Competitive Adsorption Method

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

イカ肝臓からのカドミウム除去法として、イカ肝臓にクエン酸とキレート樹脂を加え弱酸性条件で撹拌混合し、イカ肝臓と液相からカドミウムを同時に除去する競争吸着法を提案した。イカ肝臓に湿量基準で同重量のクエン酸溶液と10%のキレート樹脂を加え約pH4で撹拌混合することにより、イカ肝臓とクエン酸溶液の混合物のカドミウム濃度を約0.1ppmまで除去することができた。イカ肝臓およびキレート樹脂とカドミウムの吸着平衡はbidentate型結合モデルに従った。競争吸着法によるイカ肝臓からのカドミウム除去過程はキレート樹脂へのカドミウム吸着反応が律速段階であった。

収録刊行物

  • 水産増殖

    水産増殖 54(4), 449-453, 2006-12-20

    水産増殖談話会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018710485
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00124667
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03714217
  • NDL 記事登録ID
    8653308
  • NDL 雑誌分類
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL 請求記号
    Z18-761
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ