マダイ仔魚における微粒子飼料中ビタミンCの添加効果 The Efficiency of L-Ascorbic Acid in Micro Bound Diet for Larval Red Sea Bream (Pagrus major)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

マダイ仔魚の生残率、成長、魚体中ビタミンC含量および高水温と低塩分ストレス耐性に対するビタミンC誘導体L-ascorbyl-2-monophosphate-Na/Ca(AMP-Na/Ca)の添加効果について調べた。ふ化後10日齢の仔魚にビタミンC含量が0、206、768および1,508mg/kgの微粒子飼料のみを与えて14日間を飼育した。AsA 768および1,508飼育区はAsA 0 区より有意に高い生残率を示した。AsA 1,508飼育区はAsA 0 および206飼育区より有意に長い体長を示した。飼料中AMP-Na/Ca含量の増加とともに全魚体のビタミンC含量およびストレス耐性も増加する傾向を示した。以上の結果から、マダイ仔魚はビタミンCを要求し、高ビタミンC含有(768 mg AsA/kg)微粒子飼料のみによるマダイ仔魚の飼育は可能であることが示された。

収録刊行物

  • 水産増殖  

    水産増殖 54(4), 561-566, 2006-12-20 

    水産増殖談話会

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018710843
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00124667
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03714217
  • NDL 記事登録ID
    8653674
  • NDL 雑誌分類
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL 請求記号
    Z18-761
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ