miRNAアレイと癌研究への利用 : 発現プロファイルは新しい診断ツールや予後予測ツールとなりうるか

この論文をさがす

著者

    • 上田 哲也 UEDA Tetsuya
    • Department of Molecular Virology, Immunology and Medical Genetics and Comprehensive Cancer Center, Ohio State University

収録刊行物

  • 化学と生物  

    化学と生物 45(2), 87-90, 2007-02-01 

    日本農芸化学会

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018710949
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037573
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    0453073X
  • NDL 記事登録ID
    8673344
  • NDL 雑誌分類
    ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL 請求記号
    Z18-26
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ