マッシブなコンクリートの長期的な強度発現特性 Long Term Strength Development of Massive Concrete

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では, 大規模構造物に使用されるコンクリートと同程度まで単位セメント量を小さくしたマッシブなコンクリート供試体を作製し, 超音波法および抜取りコアにより長期的な強度発現特性について評価した.標準供試体の試験結果から, 単位セメント量が小さいコンクリートの材齢56日以降の強度発現は極めて小さいことがわかった.また, 実構造物を想定したマッシブなコンクリート供試体の試験結果から, 単位セメント量の小さいコンクリートであっても, 超音波法を初期材齢から適用すれば強度発現特性を評価できること, 強度発現特性が初期材齢時の温度履歴に大きく影響を受けることが確認できた.抜取りコアの試験結果からは, 強度管理用供試体の試験材齢は56日で十分である可能性が示唆されるとともに, 適切な強度発現には初期材齢時の温度管理が重要であることがわかった.

In this research, strength development of massive concrete specimens, that have comparatively equal unit cement amount to the actual huge concrete structures, were evaluated with the pulse velocity method and extracted cores from the surface and center part of specimens. From the test results of standard cured specimens, it was confirmed that the strength development of low cement content concrete showed slight increment after age 56 days. Applying the pulse velocity method to massive concrete specimens from their initial age, it was possible to evaluate the strength development. Furthermore, it was confirmed that the strength development was influenced from the temperature history at the initial age of concrete. From the test results of cores extracted from massive concrete specimens, test age of standard specimens for managing the strength could be enough at age 56 days, as well as it was necessary to manage the temperature at the initial ages for the affordable development of compressive strength.

収録刊行物

  • 農業土木学会論文集  

    農業土木学会論文集 74(6), 817-823, 2006-12-25 

    The Japanese Society of Irrigation, Drainage and Rural Engineering

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018711285
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00201203
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03872335
  • NDL 記事登録ID
    8652973
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-365
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ