酸化ストレスと皮膚-光老化から全身性強皮症まで Roles of oxidative stress in photoaging and the pathogenesis of systemic sclerosis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 小川 文秀 OGAWA Fumihide
    • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科皮膚病態学分野 Department of Dermatology, Nagasaki University Graduate School of Biomedical Sciences
    • 佐藤 伸一 SATO Shinichi
    • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科皮膚病態学分野 Department of Dermatology, Nagasaki University Graduate School of Biomedical Sciences

抄録

  我々の皮膚は常に外界からの様々な刺激にさらされている.その刺激の代表的なものとして太陽光線中の紫外線があげられる.紫外線は皮膚癌の発生の誘因となる他に,紫外線の曝露により皮膚には光老化と称される変化が生じてくる.光老化の特徴的な変化として皮膚表面のびまん性の色素沈着と深い皺があげられるが,その変化を特徴づけるものとして皮膚真皮におけるsolar elastosisと称される膠原線維・弾性線維の変化がある.この皮膚光老化には紫外線による酸化ストレスが深く関与していると考えられている.一方,酸化ストレスが関与する全身疾患の一つとしてとして全身性強皮症(systemic sclerosis ; SSc)があげられる.SScは全身の皮膚硬化を主徴とする膠原病であるが,レイノー症状をはじめとする血管障害も病態形成に深く関与していると考えられている.本稿では,酸化ストレスが皮膚に与える影響を光老化とSScに関して我々の研究結果とこれまでの研究知見を中心に概説する.<br>

  Human skin is exposed to high amount of solar ultraviolet (UV) radiation, as well as to other environmental oxidants. Photoaging refers to the effect of long-term UV exposure and sun damage superimposed on intrinsically aged skin. The clinical photoaging features are dyspigmentation, laxity, wrinkles, and cutaneous malignancies. Most conspicuous photoaging change in dermis, which is caused by elastin materials accumulation, is termed "solar elastosis". Reactive oxygen species are known to be generated by UV radiation, and play an important role of photoaging. Although the pathogenesis of systemic sclerosis (SSc) remains unknown, oxidative stress has been suggested to contribute to clinical manifestations associated with SSc, such as vascular damage including Raynaud's phenomenon. This review focuses on recent data including our data which have demonstrated the critical role of oxidative stress in photoaging and the pathogenesis of SSc.<br>

収録刊行物

  • 日本臨床免疫学会会誌 = Japanese journal of clinical immunology  

    日本臨床免疫学会会誌 = Japanese journal of clinical immunology 29(6), 349-358, 2006-12-31 

    日本臨床免疫学会

参考文献:  49件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018713962
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00357971
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09114300
  • データ提供元
    CJP書誌  IR  J-STAGE 
ページトップへ