ビキニラインアプローチ法による1期的大腸全摘, 回腸嚢肛門吻合術の検討 The Use of the Bikini Line Skin Incision Approach to Restorative Procto-colectomy (RPC) with Ileal Pouch Anal Anastomosis (IAA)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

家族性大腸腺種症 (FAP) や潰瘍性大腸炎 (UC) に対する1期的大腸全摘 (RPC), 回腸嚢肛門吻合術 (IAA) を腹腔鏡を用いないビキニラインアプローチ法で施行した女性患者16症例 (FAP4例, UC12例) を対象としその有用性を検討した. 平均年齢は27.1歳で平均手術時間は236.7分, 平均出血量196.3m<i>l</i> であった. 平均術後在院日数は24.5日で術中および術後に重篤な合併症は認めなかった. 同時期に施行された従来の正中切開法18例と比較すると手術時間は従来法 (208.9分) に比し有意に長かったが出血量, 術後在院日数, 合併症の頻度に有意差はなく患者の満足度も高かった. 本術式では鏡視下手術設備や器具は必要とせず安全に合併症なく施行できた. 美容的にも優れ, 特に若年女性には有用と思われた.

The use of the bikini line skin incision approach to RPC with IAA for ulcerative colitis (UC ; n=12) and familial adenomatous polyposis (FAP ; n=4) was evaluated. Sixteen female patients underwent the procedure and were analyzed. The average age was 27.1 and the operation time was 236.7 minutes. Blood loss was 196.3 m<i>l</i> and postoperative hospitalization was 24.5 days No intraoperative or major postoperative complications occurred. Operative and postoperative parameters were similar to the conventional midline incisional approach group except for significantly longer operation time (236.7 vs. 208.9 mins ; P<0.05).<br>Cosmetic results were superior. Our procedure enabled us to perform safe, simple RPC with IAA without special laparoscopic equipment with no severe complication. It also has cosmetic merit and would be useful for young females.

収録刊行物

  • 日本大腸肛門病学会雑誌  

    日本大腸肛門病学会雑誌 60(2), 77-82, 2007-02-10 

    The Japan Society of Coloproctology

参考文献:  21件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018714178
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195100
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00471801
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ