腫瘍の進展により無色素性から有色素性へと色調が変化した直腸肛門部悪性黒色腫の1例 A Case of Anorectal Malignant Melanoma : with a Change from Amelanotic to Melanotic Appearance

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

今回われわれは患者要因で約4年にわたり経過観察した直腸肛門部悪性黒色腫の1例を経験した. 症例は79歳, 女性. 2000年12月, 白色調の肛門ポリープに対して内視鏡的粘膜切除術を施行し, 組織診で無色素性悪性黒色腫と診断した. 2001年10月, 局所再発を認めたが根治手術の承諾を得られず, 経肛門的腫瘍切除術のみを施行した. その後再度の局所再発を認め, この頃より腫瘍はそれまでの無色素性から黒色調へと色調変化をきたし, 典型的な悪性黒色腫像を呈するようになった. 2003年7月, 腫瘍の増大, 出血のため, 腹会陰式直腸切断術を施行したが, 2004年12月, 全身転移による悪液質のため死亡した. 剖検にて, 心, 肺, 肝, 腹膜など全身に転移を認めたが, 転移腫瘍はメラニン色素沈着を認めず, 無色素性腫瘍成分のみであった. 直腸肛門部悪性黒色腫の進展や転移様式を検討するうえで, 示唆に富む症例であると考え, 若干の文献的考察を加えて報告する.

Anorectal malignant melanoma is relatively rare and the prognosis is extremely poor. We report a case of anorectal melanoma followed up for four years. A 79-year-old woman presented to our hospital with anal bleeding in November 2000. Colonoscopy revealed anal polyps and endoscopic mucosal resection was performed for the lesions. The pathological examination demonstrated amelanotic malignant melanoma by immunohistochemical staining. She underwent local excision for recurrence in October 2001. When local recurrence was seen again, the tumor had become moderately pigmented. She underwent abdominoperineal resection in July 2003, however, she died of peritonitis melanomatosa in December 2004. Multiple metastatic tumors were identified in the lung, liver, heart and so forth in autopsy. It is interesting that although the primary tumors appeared pigmented, metastases were amelanotic. We suggest that curative operation, i.e. abdominoperineal resection, is necessary for long-term survival of anorectal malignant melanoma.

収録刊行物

  • 日本大腸肛門病学会雑誌  

    日本大腸肛門病学会雑誌 60(2), 83-88, 2007-02-10 

    The Japan Society of Coloproctology

参考文献:  25件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018714200
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195100
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00471801
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ