思春期に発症し, 診断しえた cerebral autosomal dominant arteriopathy with subcortical leukoencephalopathy (CADASIL) の1例 A Case of Cerebral Autosomal Dominant Arteriopathy with Subcortical Infarcts and Leukoencephalopathy (CADASIL), Diagnosed in the Age of Puberty

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 脳と発達 = OFFICIAL JOURNAL OF THE JAPANESE SOCIETY OF CHILD NEUROLOGY  

    脳と発達 = OFFICIAL JOURNAL OF THE JAPANESE SOCIETY OF CHILD NEUROLOGY 39(1), 49-53, 2007-01-01 

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018714459
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0020232X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00290831
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ