成人で診断された右室二腔症の1例 A Case of Double Chambered Right Ventricle Diagnosed at Adult

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は57歳, 男性。高校時代より心雑音を指摘されていた。感冒症状を主訴に近医受診。心雑音に加え動脈血酸素飽和度の低下を認め, 当院循環器内科へ紹介となる。心臓カテーテル検査施行し, 右室―肺動脈間における著明な圧較差および右室造影において流出路狭窄を認め, また心房中隔欠損症も認められ, 右室二腔症および心房中隔欠損症と診断。手術目的に当科紹介となる。人工心肺下に, 右室異常筋束切除および流出路形成施行。術後の経過は良好で, カテーテル検査においても圧較差の改善を認めた。

収録刊行物

  • 日本外科系連合学会誌  

    日本外科系連合学会誌 31(6), 934-936, 2006-12-30 

    日本外科系連合学会

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018717126
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00002502
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03857883
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ