四重複癌となるS状結腸癌を腹腔鏡下に切除した1例 A Case of Quadruple Cancer Including Laryngial Cancer, Lung Cancer and Double Colon Cancer

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

大腸は他臓器に比べ多重癌を合併する頻度が高く, また診断治療技術の向上に伴い他臓器癌との重複例も増加している。今回, われわれは喉頭癌, 肺癌, S状結腸癌 (異時性2病変) の四重重複癌症例を経験したので報告する。症例は75歳の男性。2000年2月喉頭癌に対して化学放射線療法が著効し消失した。2004年8月肺腺癌に対し左上葉切除施行。2004年11月大腸内視鏡 (CF) 施行し肛門縁 (AV) より30cmのS状結腸ポリープにポリペクトミー施行。腺腫内高分化腺癌であった。2005年7月CF施行しAVより45cmのS状結腸にIp型ポリープを認め, ポリペクトミー施行。病理検査にて中分化腺癌, sm2 ly1 v0で断端 (+) が疑われたため, 2005年9月腹腔鏡下S状結腸切除術D2郭清を行い病理検査ではn0で腫瘍の残存はなかった。術後経過は順調で現在外来通院中である。

収録刊行物

  • 日本外科系連合学会誌  

    日本外科系連合学会誌 31(6), 961-965, 2006-12-30 

    日本外科系連合学会

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018717216
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00002502
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03857883
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ