術前に施行したCTガイド下生検にて腹壁再発をきたした虫垂粘液嚢胞腺癌の1例 A Case of Mucinous Cystadenocarcinoma of the Appendix with a Recurrent Tumor of the Abdominal Wall by Preoperative CT-guided Biopsy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

今回われわれは腸腰筋内の腫瘤にて発見され, 術前に施行したCTガイド下生検にて腹壁再発をきたした虫垂粘液嚢胞腺癌の1例を経験した。症例は50歳代, 女性で右下腹部腫瘤にて, 2002年8月に紹介入院となる。CTで右腸腰筋内に約6cmの嚢胞性腫瘤を認め, CTガイド下生検で白色の粘液, 病理学的に粘液産生性腺癌 (CEA免疫染色陽性) の診断であった。下部消化管内視鏡検査にて移動盲腸と拡張した虫垂孔からの粘液の排出を確認し, 虫垂造影にて虫垂癌と診断した。同年10月に右結腸切除 (D<SUB>3</SUB>) +右腸腰筋, 腹壁合併切除を施行した。病理組織検査にて, 粘液嚢胞腺癌si n<SUB>1</SUB>P<SUB>0</SUB>H<SUB>0</SUB>M<SUB>0</SUB>Stage IIIaで制癌剤感受性試験CDDP陽性にてCDDP+5-FUの補助化学療法を6クール施行した。術後20カ月目に生検部に腹壁再発を認め, 再切除施行してUFT+ホリナートカルシウムの化学療法施行し, 再手術後約2年半の現在再々発を認めていない。

収録刊行物

  • 日本外科系連合学会誌  

    日本外科系連合学会誌 31(6), 966-970, 2006-12-30 

    日本外科系連合学会

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018717236
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00002502
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03857883
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ