ERCP関連手技の指導と教育 Training for ERCP-related procedures

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ERCP関連手技の当科の指導と教育の実際について述べた.ERCP手技は難易度が高く,致命的な偶発症も少なからず起こることから,熟練した指導医のもとでトレーニングすべきである.当科ではスコープ挿入から処置に至るまである程度の手技到達の目安を設定してトレーニングを行わせている.一方トレイニーは手技の習得のみに終始するのではなく,手技の理論的な理解や各疾患の病態に対する十分な知識も同時に習得していく姿勢が必要である.

I described education of ERCP-related procedures in our department. Since ERCP procedure require skill technique and severe complications may occur, the trainees should be educated in high volume facilities in which skilled trainers are. I think that it may be better to divide ERCP procedure into some sections from insertion of duodenoscope to endoscopic sphincterotomy. At the same time, it is better to learn not only ERCP technique but also theory of procedures or pathophysiologic knowledges of pancreatobiliary diseases.

収録刊行物

  • 胆道 = Journal of Japan Biliary Association  

    胆道 = Journal of Japan Biliary Association 20(5), 587-596, 2006-12-27 

    日本胆道学会

参考文献:  21件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018717427
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10062001
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09140077
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ