未就学児における聴覚性言語性記憶の発達についての検討 : Rey's Auditory Verbal Learning Test 「小児版」作成にむけて Development of auditory verbal memory in pre-school children : Modified Rey's Auditory Verbal Learning Test (AVLT) for Japanese children

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 柴 玲子 SHIBA Reiko
    • 北里大学医療衛生学部 言語聴覚療法学専攻 Speech Therapy Course, School of Allied Health Sciences, Kitasato University
    • 小林 範子 KOBAYASHI Noriko
    • 北里大学医療衛生学部 言語聴覚療法学専攻 Speech Therapy Course, School of Allied Health Sciences, Kitasato University
    • 石田 宏代 ISHIDA Hiroyo
    • 北里大学医療衛生学部 言語聴覚療法学専攻 Speech Therapy Course, School of Allied Health Sciences, Kitasato University
    • 鈴木 牧彦 SUZUKI Makihiko
    • 北里大学一般教育部 Center for Human and Social Sciences, College of Liberal Arts and Sciences, Kitasato University
    • 紺野 加奈江 KONNO Kanae
    • 北里大学医療衛生学部 言語聴覚療法学専攻 Speech Therapy Course, School of Allied Health Sciences, Kitasato University

抄録

本報告では,Rey の Auditory Verbal Learning Test (AVLT) を参考に,未就学児に応用可能な聴覚性言語性記憶の検査「小児版」を作成,実施し,その発達変化について検討した。方法は,AVLT の標準的な方法を参考にし,4 歳から 6 歳までの健常な小児 99 名に実施した。結果は,即時再生数,系列位置効果に,年齢群間の差はみられなかったが (p =.842) (p =.115 ~ .417) ,5 回の反復自由再生を行った学習の過程では,再生数,系列の位置の効果に年齢差がみられ,年齢による記憶方略などの違いが示唆された。また干渉後再生数と遅延再生数は,6 歳は 4 歳より有意に多く (p <.01) ,干渉リストの影響はどの年齢群でもみられたが,遅延時間の影響はみられなかった。リスト A の再認識別率では,4 歳と 5 歳の間で有意差が認められ (p <.01) ,5 歳以降は成人と同じ再認能力を持つことがわかった。「小児版」は,就学前の小児から十分施行可能であり,記憶の多様な側面を測定するのに有効であることが示唆された。

   We developed a modified version of Rey's Auditory Verbal Learning Test for Japanese children of pre-school ages in order to clarify developmental changes in auditory verbal memory. The subjects were 99 children aged 4 to 6 years old. There was a significant age difference with respect to the total number of words recalled in 5 trials (p <. 05) and the effect of word position (p <.05) , while no significant difference was found among the different ages in terms of the number of recalled words (p =.842) or effect of serial position (p =.115 ~.417) in immediate recall. For the delayed recall task and post-interference recall task, significant differences in the number of words recalled were found between 4 and 6 year-old children (p <.01) . The number of words recognized from the original list increased with age, and a significant difference was found between 4 and 5 year olds (p <.01) We found that the modified AVLT for Japanese pre-school children can be used to analyze various aspects of their auditory verbal memory.

収録刊行物

  • 高次脳機能研究 : 日本高次脳機能障害学会誌 = Higher brain function research  

    高次脳機能研究 : 日本高次脳機能障害学会誌 = Higher brain function research 26(4), 385-396, 2006-12-30 

    一般社団法人 日本高次脳機能障害学会

参考文献:  38件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018718240
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1182424X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13484818
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ