日本酒復活への期待と課題 Expectation and Subject for Sake Revival

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

長期にわたって消費の減少をきたしてきた日本酒に明るい兆しが見え始めている。この機会を逃さず日本酒の復活を確固たるものにするため, これまで低迷してきた要因を分析するとともに, 酒質の見直し, 酒税法改正に潜む製造技術的な問題点, 消費動向調査の必要性などについて解説いただいた。

収録刊行物

  • 日本醸造協会誌 = Journal of the Brewing Society of Japan  

    日本醸造協会誌 = Journal of the Brewing Society of Japan 102(1), 2-9, 2007-01-15 

    Brewing Society of Japan

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018718472
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10034389
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09147314
  • NDL 記事登録ID
    8654357
  • NDL 雑誌分類
    ZP15(科学技術--化学・化学工業--醗酵・微生物工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-416
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ