米国で食品の官能評価を学ぶ Studying Sensory Evaluation of Food in the U.S.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

日本における本格的な官能評価研究は, 昭和30年 (1955年) に, (財) 日本科学技術連盟が, 多分野の専門家を集め官能検査部会を発足させたのが始まりとされている。当時, 酒類の官能評価研究は先導的であり, 元醸造試験所長故佐藤信博士の「官能検査入門 (1978)」は, 今でも官能評価を行う人が読まなければならない本とされてる。その後, 1996年には日本官能評価学会が設立され, 2004年にはISO規格を参考にJISの改正が行われた。一方で, 日本国内で官能評価について学べるところは, 短期セミナーや食品系大学の一部の講座に限られており, 佐藤氏以降の日本語のテキストも少ないようである。<BR>本稿では, 食品科学研究で著名なコーネル大学のマスタ-コ-スで官能評価がどのように教えられているか, また, 官能評価を計画する上で注意すべきことなどを, 講義内容を元に紹介していただいた。

収録刊行物

  • 日本醸造協会誌 = Journal of the Brewing Society of Japan  

    日本醸造協会誌 = Journal of the Brewing Society of Japan 102(1), 10-17, 2007-01-15 

    Brewing Society of Japan

参考文献:  29件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018718480
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10034389
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09147314
  • NDL 記事登録ID
    8654367
  • NDL 雑誌分類
    ZP15(科学技術--化学・化学工業--醗酵・微生物工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-416
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ