大気汚染対策の便益移転と環境会計 The Benefit Transfer of Air Pollution Control Measures and The Environmental Accounting

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 表明選好アプローチによる環境評価手法のひとつである選択型コンジョイント分析を用いて,NOx・PM対策に関する市民の選好を調べ,その社会的効果を貨幣評価した。評価にあたっては,分譲マンションの購入という状況を設定した。住宅は日常的に市場で取引されている財であり,回答者はこれを過去に購入した経験を持っている人を対象としているので,アンケートで仮想的に想定されている状況を理解しやすいというメリットがある。 神戸及び横浜の周辺地域において,訪問面接形式のアンケート調査を行い,収集データを条件付ロジットモデルで分析した。その結果NO<SUB>2</SUB>・SPM汚染を1ランク改善するための限界支払意思額は,住民の個人属性を反映させないシンプルモデルで191万円から215万円(年価値化すると6万6,000円から7万4,000円)となった。また,個人属性を反映させたフルモデルを用い,限界支払意思額を調整した上で便益関数移転を行うと,シンプルモデルによる便益移転よりもパーセント誤差が少なくなる傾向が確認された。 さらに,分析で得られた便益移転関数を用いて環境会計への応用を試み,企業によるNO<SUB>2</SUB>削減取り組みの効果を費用と比較した。東京都全体での2002年の便益は6億1978万円であり,取り組みに要した費用を大きく上回っていた。

Using a choice experiment which is one of the stated preference methods, we examine the residents' preference towards the policy for reducing NOx-PM and evaluated its social effects. As object of choices, we choose situations buying condominiums. This allows respondents to easily understand the hypothetical situation posed in the questionnaire. We collect data from samples of citizens around Kobe and Yokohama city, and analyze it with the conditional multinomial logit model. The result of the simple model which shows that the marginal willingness to pay for a level of improvement in NOx-PM pollution is from 1, 910, 000 yen to 2, 150, 000 yen (from 66, 000 yen to 74, 000 yen by annualized value). A benefit function transfer adjusted by individual characteristicsshows that the percent error is smaller than the result with simple model. The result is applied to an environmental accounting of a carrier company. Comparing the effect of NOx reduction by the company in 2002, the benefit is 619, 780, 000 yen around Tokyo, which overwhelmed the cost.

収録刊行物

  • 環境科学会誌 = Environmental science  

    環境科学会誌 = Environmental science 20(1), 7-20, 2007-01-31 

    SOCIETY OF ENVIRONMENTAL SCIENCE, JAPAN

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018720937
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10165252
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09150048
  • NDL 記事登録ID
    8679696
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-1836
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ