廃タイヤから製造した活性炭からの化学物質の溶出試験 Elution Test of Chemical Substances in Active Carbon Produced from Scrap Tires

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 石川 精一 ISHIKAWA Seiichi
    • 公立大学法人北九州市立大学大学院国際環境工学研究科 Graduate School of Environmental Engineering, The University of Kitakyushu
    • 上田 直子 UEDA Naoko
    • 公立大学法人北九州市立大学大学院国際環境工学研究科 Graduate School of Environmental Engineering, The University of Kitakyushu
    • 江口 芳夫 [他] EGUCHI Yoshio
    • 公立大学法人北九州市立大学大学院国際環境工学研究科 Graduate School of Environmental Engineering, The University of Kitakyushu
    • 伊藤 聖恵 ITO Satoe
    • 公立大学法人北九州市立大学大学院国際環境工学研究科 Graduate School of Environmental Engineering, The University of Kitakyushu
    • 梨田 実 NASHIDA Minoru
    • 公立大学法人北九州市立大学大学院国際環境工学研究科 Graduate School of Environmental Engineering, The University of Kitakyushu

抄録

 廃タイヤから製造した活性炭の水および有機溶剤による化学物質溶出試験を行い,市販の試薬活性炭や原料の廃タイヤと比較した。アセトン溶出では,アルカン類(0.076~7.6mg/kg),アルケン類ベンゼン類(0.047~6 .1mg/kg)およびフタル酸エステル類(0 .037~3.2mg/kg)等が検出されたが,水溶出では,ほとんどGC/MSのピークは見られなかった。一方,原料の廃タイヤからは,アルカン類(0.29~10μg/1),アルケン類フタル酸エステル類(0.91~1.2μg/1),スチレン,フェノール類,ビスフェノール類,ケトン類,アミン類,アミド類,カプロラクタム,イソシアネート類,ピリジン類,キノリン類,ピリミジン類,イミダゾール類,トリアジン類,イミド類,イソインドール類,イソチオシアネート類ベンゾチアゾロン,ベンゾチアゾール類有機リン酸類およびケイ素化合物等の物質が高濃度

The elution test of chemical substances in active carbon produced from scrap tires with water or organic solvent was performed and was compared with those of reagent active carbon and raw scrap tires. While alkanes (0.076-7.6 mg/kg), alkenes, benzenes (0.047-6.1 mg/kg) and phthalates (0.037-3.2 mg/kg) were detected in the elution test for active carbon produced from scrap tires with acetone, no GC/MS peak was observed in the test with water . On the other hand, alkanes (0.29-10μg/l), alkenes, phthalates (0.91-1.2μg/l), styrene, phenols, bisphenols, ketones, amines, amides, caprolactam, isocyanates, pyridines, quinolines, pyrimidines, imidazoles, triadins, imides, isoindoles, isothiocyanates, benzothiazolone, benzothiazoles, organophosphonic acids and silica compounds were eluted from raw scrap tires even with water in the high concentration level. Many kinds of organic substances in raw scrap tires were pyrolyzed and removed from the active carbon produced by carbonization and steam activation.

収録刊行物

  • 環境科学会誌 = Environmental science  

    環境科学会誌 = Environmental science 20(1), 21-27, 2007-01-31 

    SOCIETY OF ENVIRONMENTAL SCIENCE, JAPAN

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018720958
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10165252
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09150048
  • NDL 記事登録ID
    8679719
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-1836
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ