エネルギー効率改善によるリバウンド効果の推定 : 日本の家計を対象にして Estimation of the Rebound Effects caused by an Improvement in Energy Efficiency : Japanese Household Consumption and Emission

この論文をさがす

著者

    • 溝渕 健一 MIZOBUCHI Kenichi
    • 神戸大学大学院経済学研究科博士後期課程経済システム分析専攻 Graduate School of Economics, Kobe University

収録刊行物

  • 環境科学会誌 = Environmental science  

    環境科学会誌 = Environmental science 20(1), 61-70, 2007-01-31 

    環境科学会

参考文献:  21件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018721057
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10165252
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09150048
  • NDL 記事登録ID
    8679799
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-1836
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ