聴覚障害児による日常生活におけるきこえに関する自己評価の試行 Trial of the Self-assessment of Hearing by Hearing-impaired Children in Daily Life

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

聴覚障害児の日常生活におけるきこえの自己評価について検討するために,音のきこえに関する22項目と会話の理解に関する6項目の全28項目からなるきこえの自己評価リストを試作し,聾学校小学部に在籍する聴覚障害児42名を対象に試行した.得られた評価を日常生活聴覚活用得点として点数化し,聴力との関連の検討と主因子法バリマックス回転による因子分析を行った.聴力の関連の検討では,相関分析により平均聴力レベルや補聴閾値との間にかなりの負の相関が認められた.因子分析の結果は,音のきこえに関する項目のうち20項目から生活親近音・社会信号音・低周波数音・不親近音の4因子が抽出された.会話理解については,話者特定の難易度と会話の日常親近性の2因子が抽出された.分析を通して得られた26項目のクロンバックのα係数は満足できる値を示し,評価項目の内的一貫性が確認された.

A self-assessment of hearing by hearing-impaired children in daily life was carried out. The self-assessment of hearing was performed using a set of 28 items developed for the study. The subjects were 42 hearing-impaired children who were on the register in an elementary school for the deaf. The results were as follows: (1) There was a negative correlation between the self-assessment result and the hearing level. (2) Through the principal factor analysis with varimax rotation, 4 factors-familiar sound, social signal sound, low frequency sound and unfamiliar sound, were identified from 20 items of hearing of the sound, and 2 factors-speaker's specific difficulty and conversation familiarity, were identified from 6 items of the conversation understanding. (3) Twenty-six items obtained by the principal factor analysis had an overall reliability of 0.899 (Cronbach's alpha), and inner consistency of those items was confirmed.

収録刊行物

  • コミュニケーション障害学  

    コミュニケーション障害学 23(3), 179-187, 2006-12-31 

    Japanese Association of Communication Disorders

参考文献:  24件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018722265
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11835698
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13478451
  • NDL 記事登録ID
    8656917
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-1914
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ