Primary Survey 後に直ちに開腹すべきと考えられた横隔膜損傷, 脾損傷の1救命例 : 胸腔ドレナージの適応についての考察 A SURVIVED CASE OF DIAPHRAGMATIC INJURY AND SPLENIC INJURY, FOR WHICH LAPAROTOMY SHOULD BE EXECUTED IMMEDIATELY AFTER PRIMARY SURVEY : INDICATION OF THORACIC DRAINAGE

この論文をさがす

著者

    • 三宅 康史 MIYAKE Yasufumi
    • 昭和大学医学部救急医学講座 Department of Emergency and Critical Care Medicine, Showa University School of Medicine
    • 横手 龍 YOKOTE Ryo
    • さいたま赤十字病院救命救急センター Tertiary Emergency Medical Center, Saitama Red Cross Hospital
    • 関井 肇 SEKII Hajime
    • さいたま赤十字病院救命救急センター Tertiary Emergency Medical Center, Saitama Red Cross Hospital

収録刊行物

  • 日本外傷学会雑誌 = Journal of the Japanese Association for the Surgery of Trauma  

    日本外傷学会雑誌 = Journal of the Japanese Association for the Surgery of Trauma 20(1), 25-29, 2006-01-20 

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018730596
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10449533
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13406264
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ