外傷による上顎前歯部欠損にインプラント補綴を行った症例 A Case Report of Implant Rehabilitation for Missing Maxillary Incisor due to Injury

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例の概要: 患者は21歳女性 (初診時) で, 見た目が悪いので前歯を入れてほしいという審美障害を主訴として来院した. 外傷にて当病院口腔外科を受診し, 上顎前歯部の完全脱臼, 口唇裂傷と診断された. その後, 前歯部インプラント補綴治療を行うことにより審美, 機能回復を行った.<BR>考察: 補綴処置終了後は, 定期的なリコール時に必要に応じて咬合調整を行うことにより, 前歯部陶材 のチッピングや下顎前歯部の挺出による早期接触の発生を防ぐことができた.<BR>結論: 外傷や矯正治療により残存歯の歯冠歯根比に問題がある上顎前歯欠損症例に対するインプラント 補綴は有益であり, 患者の満足を得られることが示された.

Patient: A 21-year-old female patient with masticatory and esthetic problems due to injury visited our dental hospital. The patient was diagnosed as full dislocation of the maxillary incisor teeth, and laceration of the lips. Implant rehabilitation was therefore performed for esthetic and functionary recovery.<BR>Discussion: After prosthodontic treatment, chipping of the maxilla incisor teeth restored with porcelain by premature contact and extrusion of the mandibular incisor teeth can be prevented by occlusal adjustment during periodical recall.<BR>Conclusion: The patient was satisfied with the implant treatment, and implant rehabilitation is useful for treating a missing maxillary incisor due to injury and problem teeth in a crown root ratio by orthodontic treatment.

収録刊行物

  • 日本補綴歯科學會雜誌 = The journal of the Japan Prosthodontic Society  

    日本補綴歯科學會雜誌 = The journal of the Japan Prosthodontic Society 51(1), 83-86, 2007-01-10 

    Japan Prosthodontic Society

参考文献:  2件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018731498
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00197911
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03895386
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ