咀嚼および審美障害を訴える患者に対して咬合再構成を行った補綴症例 Prosthetic Rehabilitation of a Patient with Masticatory and Esthetic Disturbances : A Case Report

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 大谷 一紀 OTANI Kazunori
    • 日本大学歯学部歯科補綴学教室III講座 Department of Fixed Prosthodontics, Nihon University School of Dentistry

抄録

症例の概要: 大臼歯欠損による咀嚼障害, 前歯部の咀嚼および審美障害を訴え来院した55歳男性患者に対して咬合再構成を行った症例である. 2001年2月の治療終了から約5年間良好な経過が得られている.<BR>考察: 多数歯に補綴処置を行う必要があるため, 顆頭安定位を用いて咬合再構成を行うことにより, 十分に機能回復することが出来た. また, 補綴前処置として矯正治療および歯周外科処置を行うことにより審美的で清掃性の良い補綴装置を装着することが出来たと考えられる.<BR>結論: 咬合再構成を行う際, 歯列不正, 咬合および審美性の改善を図るために, 前処置として歯列矯正および歯周外科を行うことで良好な結果が得られた.

Patient: A 55-year-old male visited our dental hospital with the chief complaint of having lost his ability to chew properly and inadequate anterior esthetics. This case report presents the result of occlusal reconstruction. The final prosthesis was restored in February 2001. A good prognosis was obtained during 5 years.<BR>Discussion: Occlusal reconstruction using stabilized condylar position enabled the complicated oral situation to be improved functionally and esthetically. Furthermore, orthodontic treatment and periodontal surgery ensured hygiene and achieved highly esthetic restorations.<BR>Conclusion: When occlusal reconstruction is needed, orthodontic treatment and periodontal surgery are necessary to improve esthetics and malocclusion prior to a prosthodontic approach.

収録刊行物

  • 日本補綴歯科學會雜誌 = The journal of the Japan Prosthodontic Society  

    日本補綴歯科學會雜誌 = The journal of the Japan Prosthodontic Society 51(1), 91-94, 2007-01-10 

    Japan Prosthodontic Society

参考文献:  1件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018731504
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00197911
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03895386
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ