近畿大学附属病院における輸血に伴う非溶血性副作用 NONHEMOLYTIC TRANSFUSION REACTIONS AT KINKI UNIVERSITY HOSPITAL

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

同種輸血に伴う非溶血性副作用は比較的よくみられる副作用であるが, 本邦における実際の頻度は明らかではない. 今回, 近畿大学医学部附属病院における非溶血性副作用の頻度について検討した. 血小板製剤, 赤血球製剤および新鮮凍結血漿の輸血後の全体の非溶血性副作用の頻度は3.29%であった. 3つの製剤の中では血小板製剤が5.18%ともっとも高頻度であった. 血小板製剤を洗浄することによって非溶血性副作用の頻度が5.79%から0.29%と著明に減少した. 赤血球製剤の非溶血性副作用の頻度は2.43%であったが, 白血球除去フィルターの使用例や, 白血球除去赤血球製剤ではそれぞれ1.13%, 0.57%と副作用の頻度が低下した. 非溶血性副作用は比較的高頻度にみられ, その予防が重要と考えられた.

Nonhemolytic transfusion reaction is a relatively common complication of allogeneic transfusion. However, the frequency of nonhemolytic transfusion reaction has not been precisely determined in Japan. We analyzed the frequency of nonhemolytic transfusion reactions at Kinki University Hospital. Total frequency after transfusion of platelet concentrates (PC), red blood cells (RBC) and fresh frozen plasma was 3.29%. Of these three blood products, PC was associated with the highest frequency of reactions (5.18%). Mean incidence of reactions by transfusion of washed PC was 0.29% compared to 5.79% with non-washed PC. Mean incidence of reactions by transfusion of RBC was 2.43%, compared with those with RBC using a leukoreduction filter and leukocyte reduction RBC of 1.13% and 0.57%, respectively. These results indicate that the prevention of nonhemolytic transfusion reactions remains an important issue in allogeneic transfusion.

収録刊行物

  • 日本輸血細胞治療学会誌  

    日本輸血細胞治療学会誌 53(1), 24-27, 2007-02-26 

    The Japan Society of Transfusion Medicine and Cell Therapy

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018733084
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12159645
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    18813011
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ